ファッションノート いろいろ

ファッションを中心に、いろんな情報をまとめていきます

もう悩まない!自分に合った「メガネ」の選び方


メガネ選び、失敗したかも・・・。

やっぱりメガネは、顔の一部。

「おしゃれの幅が広がる」「手軽にイメージチェンジできる」と、老若男女に人気のメガネ。メガネは顔の印象を左右する。

色や形、フレーム素材の選び方で、その人のお顔や瞳の印象を大きく変えるアイテムです。

でも、そのメガネ選びが意外と難しい・・・。

デザインが気に入っても、それが自分の顔に似合うメガネかどうかは分からないですよね。
逆に気に入って買ったけれど、合わなかった・・・なんてことも・・・。

ようやく色やデザインが気に入ったフレームを見つけても、かけてみると似合わない…周りから不評…という経験をした人も多い

ただデザインで選ぶと、後からなんだか見づらいなんてことも。

▼メガネを選ぶ時の基本とは?

・顔の幅より大きいメガネ
・フレームの上のラインが眉と並行しないメガネ
・長すぎる縦幅のレンズ

自分にないものをメガネで補うのがメガネ選びの基本です。

顔の形と同じ形のものを選ばない、というのがポイントです。顔の形と同じ形のメガネをかけることで、顔の形がより強調されてしまう

顔の幅よりもメガネがはみ出ない大きさのものを選びましょう。小さすぎてもバランスが悪くなりますので、顔の幅の九割くらいの大きさがベスト

▼イメージで考えてみる。

シャープに見せたい、知的に見せたい、優しく見せたい・・・など、自分の「なりたいイメージ」でメガネを選ぶ方法もあります。

メガネをかけた時にどんな顔になりたいか、イメージになりたいかというのがはっきりしていればメガネ選びもスムーズに進みます。

どんなイメージを人に与えたいかで、かけるメガネを選ぶ。知的に見せたかったり、柔らかい印象を与えたかったりといった具合に。

眉のラインとメガネのリムのトップラインが似ている形を選べば、顔にもナチュラルに馴染みます。

▼自分の顔の「輪郭別」に考えてみよう!

①丸顔。

丸いフレームは、顔の丸さをより強調させてしまいますので、スクエアタイプの角ばったフレームを選びましょう。

丸いフレームラインは、ますます丸みを強調して丸顔に見えてしまいます。下だけリムのある逆ナイロールはお顔が短く見えます。

角を強調した、目立つ厳格な感じのフレーム、正方形か少し長方形がかったデザインがお勧めです。 これによって、丸顔に輪郭を加える

角のある「スクエア型」がおすすめ。丸いフェイスラインをシャープに見せ、クールで知的な印象を演出することができます。

-情報

×