こんなに変わる?すぐに使える 着痩せファッションテクニック6選

情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク



この記事は私がまとめました

ゆゆぴんさん

▪︎明るい色より暗い色のパンツを履く

収縮色(ネイビー、黒、グレーなど)と膨張色(イエロー、赤、オレンジなど)を覚えて、色を選ぶときには迷わず収縮色をチョイス。

着痩せ術あるある。

黒って痩せて見えるよね?
間違いではないんですけど、全身黒コーデは痩せて見えません。

黒のような縮小色は着痩せしたい部分に使うと効果があります。

胸が大きい方はパンツを黒にするんでなく、胸元に黒をもってくると胸が小さく見えるというわけです。

▪︎ローライズよりハイライズのパンツ履く

一番左がローライズ、一番ハイライズ

ハイライズジーンズはウエストの位置が高くなるので腰回りについたお肉を隠せます!
ローライズジーンズにお肉が乗って段差になるとお腹のラインが乱れる原因に。
でも股上が高いパンツやデニムを履くと、腰やおなかのラインが滑らかになり痩せ見えします。
また、安定感が増すので冷えも防止できて一石二鳥。

※お尻の大きさが気になる人はローライズの方が相性がいいです。

▪︎ベルトをする

ウエストのくびれは、体型のアクセントになる重要な部分。実際にあまりくびれがなくても、「そこにくびれがある」と暗示させるだけで、体型にメリハリができます。

ベルトを追加することでくびれを強調します!ボリュームのあるワンピースにベルトを追加するとメリハリができ、ウエストを高く見せることができます。

ベルトでキュッと締めてXラインコーデに
Aラインに近いシルエットですが、ウエスト部分をキュッと締めるのがXラインの作り方。フェミニンなAラインよりも女っぽい印象です。
ベルトやウエストマークデザインをうまく活用しましょう。 pic.twitter.com/7z6JLTyfRO

▪︎ヒールを履く

写真で見比べるとわかりやすいですが、
ヒールを履いた方が背が高く見え、足も長く見せられます!

ただ、高すぎるヒールは腰が逸れてしまうので長期的に見ると姿勢には悪影響です。

▪︎ポインテッドトゥ(尖ったつま先)を選ぶ

つま先の尖った靴を選ぶことで脚が縦長に見えるのです! また、甲のカットが浅いものを選べば更にスッキリ見せることが可能。

つま先が尖った靴は、足のラインの延長になるので足が長く見えます。靴と同系色のパンツやワンピースを組み合わせるとさらに細く見える効果が!

▪︎柄ではなく無地を選ぶ

続きはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


情報
ponkoroをフォローする
ファッションノート いろいろ
タイトルとURLをコピーしました