ファッションノート いろいろ

ファッションを中心に、いろんな情報をまとめていきます

【深夜飯】夜遅くに食べても太らないもの♡


夜遅くに食べると太る理由

人は食べると血糖値が上がりますが特に
糖分や炭水化物を食べると血糖値が急上昇します。

急激に血糖値が上がると肥満の原因になるインスリンが多量に
分泌されて、中性脂肪が体内に溜まるのを促進し
中性脂肪の分解を妨害してしまいます。

つまり寝る前に食べると血糖値が上がったまま
寝るのでインスリンが発生し、

中性脂肪をどんどん溜めて、太ってしまうのです。

寝る3時間以上前に食べる人と比べて
全く同じ食事を同じ量食べたとしても

寝る前の方が太りやすいので
寝る前の食事には気を付けないといけません。

どうしても夕食が遅くなってしまう人、寝る前にどうしても空腹に耐えられない人は、夕方4時か5時頃に、低カロリーのおやつをとるようにしましょう。
そして夕食は250キロカロリー程度に抑え、タンパク質や炭水化物を取ることをオススメします。
食事の間隔があくと脳が栄養不足と判断し、体内に脂肪を溜め込んでしまいますので注意してください。

寝なければ良いという訳でも無いw

寝る前以外でも夜中に食べると
太ることがわかっています。

タンパク質の一種にBMAL1という
成分があります。

この成分は脂肪を蓄積させる作用があり、
多ければ多いほど脂肪を溜め込んでしまいます。

またBMAL1は時間帯によって増加が見られ
昼間は少ないのですが、夜中に増加する性質があり、

午後10時頃から急増し午前2時~午前4時頃に
ピークを迎えます。

また、胃の弱い人は特に夜遅くに食事をとると
睡眠中も食べ物が胃に残りやすく
朝起きたときに何ともいえない
胃の不快感を感じることになります。

とにかく深夜にがっつり食べるのは
体に良く無いということ!

夜遅い時間の食事は、胃腸を働かせ続けることになるため
体が休まらず翌日疲れる原因になります。
質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌を促し
ダイエットに役立ちます。
ぐっすり眠るためにも体に脂肪をため込みにくくするためにも
夜遅くにガッツリ食事をするのはやめた方が良いですね。

でもお腹が空いて眠れないよ!!

仕事などでクタクタになって
帰ってきた場合、どうしても食べたい!
食べないと元気が出ない!
そんな時ありますよねぇ。

夜遅くに食べるならこれを!


Photo by D. Anschutz / Photodisc

夜遅くに食べても大丈夫な
食べ物をご紹介します!

●タンパク質や野菜を中心に

コンニャクやキノコ、海藻、野菜など
カロリーを気にしなくていい食材がおすすめ。
どうしても炭水化物が食べたいなら
うどんや雑炊など、消化しやすいものを。
肉や魚、豆腐などのタンパク質は
脂肪になりにくいので
夜遅くに食べる食材に選ぶようにしよう。

①カロリーの低いこんにゃく

生芋から作られる黒こんにゃく

生芋からこんにゃくを作る場合は、芋の皮が入ってしまうため、黒っぽい色が付いていました。ただ最近は、黒こんにゃくも、こんにゃく粉から作り、ひじきなどで色づけをすることもあります。
カロリー 100gあたり7kcal
栄養素 たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、ビオチン
(※カルシウム:100gあたり68mg、食物繊維:100gあたり3.0g)
こんにゃく粉から作られる白こんにゃく

カロリー 100gあたり5kcal
栄養素 たんぱく質、炭水化物、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6、葉酸、ビオチン

②ミネラルたっぷりのきのこ類

便秘の解消に必要な不溶性食物繊維と
腸内の環境を整えてくれる水溶性食物繊維の両方を含み
便秘によって引き起こされる肌荒れの改善にも効果が期待できるなど
女性にとっては嬉しいことばかりです。

きのこの中でも特に低カロリーなのが
マッシュルーム!
100gで11kcalしかありません!

タンパク質豊富なもの

-情報

×