ファッションノート いろいろ

ファッションを中心に、いろんな情報をまとめていきます

【食べ過ぎと感じませんか?】少食健康法


●少食健康法とは

現在の生活習慣病は、飽食によるエネルギー摂取過多が原因と言われています。 過剰な栄養は体を蝕むというのは定説となりつつあります。

少食健康法とは、排泄能力以上の供給(食事)をしないようにすることで、内臓を休めデトックス効果を得ること、と言えます。

様々な方式が提唱されていますが、共通のキーワードとしては朝食抜き、昼食は軽食もしくは野菜ジュース程度、夕食は糖質を少なめにして穀物・野菜中心。胃を休ませるという感じですね。

●歴史的報告 マクガバンレポート

少食、という趣旨からは少しずれるのですが、食による健康を意識されるなら一読することをおすすめします。

アメリカ上院栄養問題特別委員会(当時マクガバン委員長)が1977年に発表し世界中にショックを与えた歴史的レポートと言われている。


Photo by Martin Barraud / OJO Images

二年間にわたり世界中から資料を集め、同時に各国の学者を招き証言を求めた、極めて密度の濃いレポートであり、世界の健康問題の論議の方向を大きく変えました。

病気が菌によってだけ起きるのではなく、食事や栄養の摂り方の歪みによって起きることを公の場で明らかにした初めての文章といわれています。

成人病の2つの特徴 
「長い間の食事の間違いによって起こる”食源病”であること」
「従来の医学では、原則的には治せない病気であり、予防に寄るしか手が無い病気だということ」

出典アメリカ乗員栄養問題特別委員会レポート

成人病は自分で防ぐのが一番いい、それしか手段は無いということだそうです。

●なぜ少食が健康に繋がるのか?


Photo by Image Source / Photodisc

腸と細菌の働きと体の免疫力が関係しているという理論がよく見かけられます。私も今のところそう考えています。

◆たくさん食べている人ほど病気になりやすい。私たちの免疫のベース(基本)は、リンパ球が働いているだけではなくて、もっと白血球の抵抗とか、マクロファージ(貪食細胞)などがあって行われているのです。

マクロファージを活性化し、腸内に細菌を留めるためには、「少食」が必要になります。

●少食健康法のやり方

様々な方法が考案されていますが、私のおすすめは、まずは食事内容にそれほどこだわらず、15〜18時間固形物を取らない半断食法から始めるというものです。

他にも

いろいろなやり方があるようです。どれも少食を軸にアレンジされたもの、という印象。

甲田光雄式

朝、青汁のみ(水分を多くとる)1日2食で間食、夜食なし。
玄米と豆腐と野菜の少食で16時間~18時間は胃腸を休ませる。
(夕食を8時に終えたら翌日12時の昼食)肉や乳製品、油、刺激物は避ける。

石原式

朝食は、にんじん2本とりんご1個をジューサーで絞り、ジュースにして、よく噛むようにして飲む。昼食は、おソバにショウガなどの薬味をしっかりかけて食べる。夕食は何をどれだけ食べてもOK。お酒を飲んでも大丈夫。和食が理想的だが、厳しい食事制限の反動による暴食を防ぐため、夕食のルールは、ゆるめに設定。

かまいけ式

食事法その一、糖質の摂取をやめよ
食事法その二、朝食は摂るな
夜一食、肉類と葉野菜などを食べて極力糖質をとらない

-情報

×