気持ち良く着るために…「白シャツ」のお手入れ方法を知っておこう

情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク



この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼真っ白で爽やかな「白シャツ」

□いつまでも気持ち良く着続けるためのお手入れ方法を覚えておこう

・少しの汚れはすぐに洗剤や石鹸をつけて「手洗い」

お気にの白シャツ汚してしまったので手洗いして寝る。 pic.twitter.com/BJrWkCcdxz

デリケートな素材を使った洋服や特にお気に入りな服、でもクリーニングに出すほどでもない…という洋服は、自宅で「手洗い」

看護学校に着ていくシャツはほとんど古着屋さんで揃えました
大体一枚1000円くらいかなぁ?
白シャツってすぐ汚れるから新品ってなんか気が引けるのw
わかるかな?

変に几帳面なので、毎日脱いだらすぐ手洗いします。
黄ばみ防止にセスキ炭酸ソーダに浸けてから洗ってます✌ pic.twitter.com/qaWCxvhNlf

・「重曹」もあると便利!

部屋とワイシャツと私
シャツを洗えば

身近な洗濯の名曲ですね

今日はアレです
白いシャツだけを集めて
ハイターと重曹で真っ白に
結構、面白い絵だったので

#家事 #洗濯 #白シャツ #ワイシャツ pic.twitter.com/bgzhh0dmdP

お掃除アイテムとして重宝される重曹は、もともと「油」汚れを落とすのが得意。そこで、黄ばみの原因となる皮脂汚れにも効果を発揮

重曹を使うことによって、漂白剤でも消せないしつこいニオイの元を解消してくれます。男の子が部活などで着た服のニオイもスッキリ

黄ばみが発生する前に1カップの重曹を加えて洗濯をすることで、付け置き洗濯の手間を省くことができるので、普段から重曹を活用

襟のところが黄ばんでしまった白シャツ、重曹とワイドハイター混ぜたペーストを塗り込んで、お湯ぶっかけたら真っ白になったよ!!!!
やったー!まだまだ着れる!

白シャツあるやつ全部、重曹+ぬるま湯で洗ったら真っ白になった。しかも乾燥と風でよく乾いて幸運すぎる!

漂白剤&重曹&スチームアイロンを使って夜な夜な白シャツの襟の黄ばみを擦った揉んだしてたらキレイサッパリ落ちた。さすが重曹やで

・「アイロン」も忘れずに

アイロンかけしてる時は
無心で没頭出来る
白シャツ愛用者の自分 pic.twitter.com/AGWwL29z8y

二年も付き合ったシャツは芯が取れて体に馴染むし、シワの癖も分かってるのでアイロンがスムーズ。新しいシャツの張りのある生地はアイロンそっと動かさかないと上手くいかないし洗濯シワが取り切れない。
同じ白シャツでも、その日にそれを選んで着る理由があるのさ。 pic.twitter.com/OFGbkPiriO

今日はウタマロ石鹸で前から気になってたシャツの襟の黄ばみを一掃致しました。濡らしたシャツの気になるところに塗布して軽く揉んで洗濯機へ。白シャツ汚れやすいし、シワが目立ちやすいけど黒より印象明るくなるからやっぱり好き‥明日からまたパリッとアイロンかけた真っ白のシャツで仕事頑張ろ! pic.twitter.com/vPHudnxNkf

続きはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


情報
ponkoroをフォローする
ファッションノート いろいろ
タイトルとURLをコピーしました