どこに出ても恥ずかしくないシャツが欲しかったら、この3つから選ベば間違いない!!

情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク



ハンドとマシンの工程を巧みに使い分けることで着心地が良く、非常に端正な顔つきの仕上がりとなっている

芯地が薄く柔らかいのに大きなナポリの襟は、エレガントとリラックス感を兼ね備えた絶妙なバランス

ナポリのシャツはイタリアの他の地域のシャツに比べると幅が広く、大きめの襟であることが多いです

1925年に祖母のカロリーナが数人のお針子たちとともにナポリ中心部に小さなアトリエを開き、厳選された顧客のために100%ハンドメイドのシャツを作り始めたのがFinamoreのスタートである

1838年以来、「エグゼクティブのための良い趣味」をコンセプトに、上質の品々を提供し続けています

「シャツとは人体に合わせて立体的に柔らかくつくること」を理想に、一枚一枚丹念に仕立て上げられる高品質のコレクション

世界初のシャツ製造業の店舗として、パリのアーケード街、リシュリー通りで歴史を歩み始めたシャルベ

高質な素材、他では真似出来ない色と柄、そして160年以上に亘るオーダーの技術が一体となって完成したコレクションを展開

ド・ゴール大統領、ケネディ大統領、やジャン・コクトー、ゲーリー・クーパーなど多くのセレブ達から愛されている

日本で展開するシャルベは、トレンドを加味しながら細身の身頃にレギュラーの襟を組み合わせ、生地の選択もシーズンごとに特色を打ち出しています

【1】Finamore (フィナモレ)

イタリア・ナポリのシャツメーカー。1925年にカロリーナ・フィナモレがナポリにアトリエを開く

カロリーナの技術と経験は息子のアルベルトへと引き継がれ、今日ではさらにその子供達でもある、シモーネ、パオロ、アンドレアが、ディテールの細部まで神経を行き渡らせた完成度の高いシャツを作り続けている

【2】Charvet(シャルベ)

【3】FRAY(フライ)

もし素晴らしいシャツを探しているということであれば、とりあえずFRAY フライを試してみよう

単なるマシンメイドのシャツではなく、クオリティのために「ミシン縫いを選んだ」シャツであって、手縫いに劣っているどころか、その縫製への追求がむしろ他の手縫いシャツを凌駕する深さだからです

多くのブランドが手縫いを多用したナポリ仕立てを特徴としている中、フライは手縫いのハンドメイドでもなければ、ナポリのブランドでもない

ボローニャは、ローマとミラノの丁度中間にある北イタリアの町です。このことからも、FRAY フライのシャツが手縫いを多用したナポリシャツとは異なる、洗練されたスマートさを特徴としていることが裏付けられています

スポンサーリンク
スポンサーリンク


情報
ponkoroをフォローする
ファッションノート いろいろ
タイトルとURLをコピーしました