【2019年ゴシップ】冨永愛の過去がヤバすぎる【芸能ニュース】

情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク



この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

日本のファッションモデル。ボン・イマージュ(東京)、Marilyn(ニューヨーク/パリ)、Why Not(ミラノ)、Storm(ロンドン)所属。2008年現在、日本とパリを拠点に活動中。

幼少期から背が高く

幼少期から背が高く、当時はコンプレックスだったという。

幼少期の頃

冨永の幼少期はとてつもなく貧しかった。母は結婚と離婚を繰り返し、3人姉妹の父親は全員違う。また姉妹には関係のない男性が、常に入れ替わり同居するような生活だったという。

 そして母親はネグレクト気味でもあった。
「母は、ほとんど家にいなかった。どこでどういう仕事をしていたのか知らない。(略)たまに帰ってくるときには、酔っぱらっていた」

 小学校4年生のとき、学校でいじめられると言っても関心を示さない母。
「お母さん、
 呼びかけても、呼びかけても、あなたは答えてくれない」

 そんな母を憎みながらも、母に従うしか生きる術のない幼い冨永。そして孤独感を深めていく。
「心はどんどん閉じこもってしまって、“本当のわたし”は、誰にも見せない、誰にも知らせられない、と思うようになった」

出典https://lite-ra.com/2014/10/post-590_2.html

小学校の頃

冨永愛は小学生の頃から、長身だった。そのため複数の男子生徒からバカにされる。特に不良男子からは「ジャイアン冨永」、「プロレス行ったほうが有名になれる」と言われた。

冨永へのイジメは小学校から、モデル活動を開始した高校時代になっても続いたという。

「学校は毎日、地獄のようだった」

 不良男子には毎日のように肩口を小突かれ、なじられた。

「あ…怖ぇ…にらんでんじゃねぇよ! この巨人女が!」
「モデルよりかプロレス行ったほうが有名になれるよって!! ジャイアン冨永!」

出典https://lite-ra.com/2014/10/post-590_2.html

あだ名は

背が高くて、ヒョロヒョロしていたので、宇宙人と呼ばれていた。

幼少の頃背が高いことで「や~い宇宙人!」といじめられていたという冨永愛

出典全部を食っちゃうような目立ち方がハンパない…冨永愛: 日刊?! 彩賀ゆうの『似顔絵』コラム

上履きの中に

イスに敷いてある防災頭巾の中に画びょうが刺さっていたり、上履きの中に画びょうが入っていたりした

出典スーパーモデル富永愛の過去 -イジメと母との対立-|話してSukatto(スカッと)!!

机の中を見ると

「死ね」と書かれた紙が机の中にはいっていたこともあった

出典NEWSポストセブン

学校では

「学校では、ほとんど一言も口をきかなかった」と壮絶な学生時代であったことも明かしている。

出典【いじめられっ子だった著名人】冨永 愛さん

中学生の頃

包丁を持って風呂場へ行き、裸になって左手首に刃を押し当てた

出典スポーツ報知

母に甘えたい。本当の友人も欲しい。それなのに誰も分かってくれない。そんな感情が高ぶったある日、中学生だった冨永は自殺未遂を図ったという。

「わたしは包丁を持ったまま風呂場に入り、空の風呂桶の中で身体を折り畳んだ。右手につかんだ包丁の刃を顔の前に立てて、しげしげとよく見た」
「左の手首に刃を押し当てた。やろう。右手に力を込めた」

 しかし死ぬことへの恐怖に、冨永は自殺を思い止まる。
「裸でバスタブの中で膝を抱え込み、わんわん泣いた」
 そして冨永はこのとき決意したという。

「みんな、みんな、ぶっ殺してやる!」と。

こうして冨永の人生が赤裸々に語られるのだが、しかしさらに衝撃的な記述が存在する。

「痛い! 痛い!
 頸椎と足首に冷たい鉄枷をはめられて、その先には重たい鎖がぶら下がっている。赤錆びて壊れたベッドの上で、わたしは身動きがとれない。
 怖い! 怖い!」
「真っ裸の男二人が、ほくそ笑みながら。わたしを万力で締め上げる。皮膚が破れ、筋繊維が破裂し、骨が音を立てて砕ける」

 直接的な表現こそないが、まるでレイプすら連想させる記述なのだ。

 直後、「ハッと目が覚めた」とあり一見夢のようにも取れるが、しかしその後も「ぶるぶる震えが止まらない。恐怖で震えが止まらない。

出典https://lite-ra.com/2014/10/post-590_2.html

2004年

続きはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


情報
ponkoroをフォローする
ファッションノート いろいろ
タイトルとURLをコピーしました