【白シャツ】絶対外せないファッションアイテム白シャツ特集☆

情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク



この記事は私がまとめました

アンダー¥5000!メンズにおすすめの安くて使える「白シャツ」定番7着+2ブランド

春夏秋冬一年を通してメンズファッションを彩る永遠の定番「白シャツ」。

今回は¥5000以下で買える安いモデルで、高品質・低価格の「白シャツ」を厳選してご紹介。

オックスフォード生地のボタンダウンシャツは、ブランド違いで何着持っていてもいいアイテム。

押さえておきたい定番ブランドから人気のファストファッションモデルまで一挙まとめ。

では早速コスパ&シルエット最強の「白シャツ」を見ていきましょう!

シンプルだからこそこだわりたい。おすすめの「白シャツ」&お洒落コーデ

時代や性別を問わず愛されてきた永遠の定番アイテム「白シャツ」。きっとだれもがワードローブに一枚は持っているのではないでしょうか?シンプルな定番アイテムだからこそ、つくりにこだわった上質なものを手に入れておきたいもの。キナリノおすすめの白シャツと、白シャツをおしゃれに着こなすコツをご紹介します

オシャレのプロに聞きました!今、大人が着るべきメンズ「白シャツ」ブランド10選

"定番アイテム"と巷では言われながらも、いまいち選び方が分からない白シャツ。飾り気がない分、ディテールやサイズ感といった僅かな差でしか判断できないことがその原因なんです。白シャツ選びで失敗したくないなら、やはりプロのオススメを聞いておくのが得策。そこで今回は、ショップスタッフが推す、間違いなしな白シャツをご紹介します!

大人の男性が着るべき白シャツの要素は?

まず見るべきは、"シャツの顔"たる襟。とにかく種類が多く、何がいいかもイマイチ分かりづらいですが、迷ったら襟羽の長さも開きもベーシックなレギュラーカラー一択です。他には、アメカジテイストでキメたいなら、先端にボタンのついたボタンダウンカラー、ラフで"シャツ感"を抑えめにいきたいなら、襟羽のないスタンドカラーもオススメですよ。

生地は、カジュアル用として着るなら通気性がよく、織り目が荒いオックスフォードを選ぶべし。また、織り目が斜めに入ったツイルも定番なので、その二つは覚えておきましょう。

素材は通年使えるコットン素材がベター。春や夏に着用するなら、リネン(麻)入りを選んで季節感を出して楽しむのもありですよ。

さらに、忘れてはいけないのがサイズ感。そで丈は、腕をストンと下ろしたときに余らず、動かしたときにも窮屈さを感じないくらいがベスト。丈感はタックイン・タックアウト、どちらがお好みかによっても変わりますが、タックアウトするなら短めで、タックインするなら長めが基本です。

最後は遊び心。ボタンや袖、前立て(前ボタン部分についた帯状の生地)に華美な色やデザインが施されているものはNGですが、さりげない主張なら"こなれ感"に繋がることも。特に、胸のワンポイントやポケットの形状に程よい個性があるものは好印象です。

さらに、あえてタックアウト用でも長い丈感に仕立てられたり、サイズ感にゆとりを持たせたりと、ブランドによってはシルエットで差をつけているところも。こういったところで遊べたら、周りから「おっ」と思われること間違いなしです。

UNIQLO「MEN オックスフォードスリムフィットシャツ(長袖)+E」

定番中の定番ユニクロは「スリムフィット」タイプがあるのが心強いところ。

GUに比べて襟の立ち方も立体的できれい、すそ周りもスッキリしています。

厚手のオックスフォードはガンガン洗濯して何度も着られる男の味方。

スリムフィットではない「UNIQLO MEN オックスフォードシャツ(長袖)」も同価格でラインナップ。

出典i2.wp.com

ブランド:UNIQLO(ユニクロ)
商品名:「MEN オックスフォードスリムフィットシャツ(長袖)+E」
価格:¥1,990(税抜き)
サイズ:S,M,L,XL

GU「オックスフォードシャツ(長袖)D」

ユニクロの次はもちろんGU(ジーユー)。

ユニクロのシャツよりも気持ちサイズタイトに作られているのがGUのシャツ。

全体としてよりカジュアルなシーンに合うリーズナブルな「白シャツ」。

出典i1.wp.com

ブランド:GU(ジーユー)
商品名:「オックスフォードシャツ(長袖)D」
価格:¥1,490(税抜き)
サイズ:S,M,L,XL

H&M「レギュラーフィット コットンシャツ」

スウェーデンのファストファッションブランド「H&M」には驚異的価格の『白シャツ』がラインナップ。

小ぶりな襟がモテそうな雰囲気の白シャツはなんと¥1,190。

オックス地ではありませんが、シンプルな100%コットンのシャツとしては持っておきたい激安な一着。

出典i2.wp.com

ブランド:H&M(エイチアンドエム)
商品名:「レギュラーフィットコットンシャツ」
価格:¥1,190(税込み)
サイズ:XS,S,M,L,XL,XXL

ZARA「無地オックスフォードシャツ」

スペインのファストファッションブランド「ZARA(ザラ)」。

タイトシルエットの「白シャツ」はコンパクトな襟も相まって男らしい雰囲気に。

ボタンの糸を暗くすることでデザイン上のアクセントもプラス。

出典i2.wp.com

ブランド:ZARA(ザラ)
商品名:「無地オックスフォードシャツ」
価格:¥3,990(税込み)
サイズ:S,M,L,XL,XXL

coen「オックスフォードボタンダウンシャツ」

低価格で気の利いたデザインが人気の「coen(コーエン)」を代表する“定番アイテム”。

ボタンダウンシャツの神的存在「BROOKS BROTHERS」のシャツとほぼ同じ厚みの生地を採用した本格派。

60~70年代のアメリカ西海岸をイメージしたオックスの白シャツはメンズのカジュアルにぴったり。

出典i1.wp.com

ブランド:coen(コーエン)
商品名:「オックスフォードボタンダウンシャツ」
価格:¥4,104(税込み)
サイズ:XS,S,M,L,XL

GLOBAL WORK「オックスフォードボタンダウンシャツ」

低価格で程よくトレンドなデザインを落とし込む「GLOBAL WORK」で人気のオックスフォードシャツ。

丈夫で厚みのある生地に、ボタンダウン、ナチュラルなシルエットを実現しハズさない一着。

スタンダードな襟の形や裾の長さで着る人を選ばない白シャツ。

出典i1.wp.com

ブランド:GLOBAL WORK(グローバルワーク)
商品名:「オックスフォードボタンダウンシャツ」
価格:¥3,240(税込み)
サイズ:S,M,L,XL

シンプルだからこそ上手に着こなしたい。永遠の定番「白シャツ」

時代や性別を問わず愛されてきた永遠の定番アイテム「白シャツ」。きっとだれもがワードローブに一枚は持っているのではないでしょうか?

シンプルな定番アイテムだからこそ、造りにこだわった上質なものを手に入れておきたいもの。キナリノおすすめの白シャツと、白シャツをおしゃれに着こなすコツをご紹介します。

デザインにこだわって選びたい。おすすめ白シャツ

定番のシャツに加えて持っておきたい、スタンドカラーの白シャツ。手首が見える八分袖がどこか女性らしい印象です。

出典:C479d5404b6a5c2748f12697057855333c92fb78

背中部分に入ったギャザーと長めの後ろ丈で、パンツとの相性もバツグン。窮屈にならずゆったりとした着心地です。

あえてボタンを全部閉じてすっきりと着こなしたいスタンドカラーシャツ。合わせるアイテムによって、マニッシュにもフェミニンにも着こなせそう。

オーガニックコットン100%で仕上げたシンプルなデザインの2wayシャツ。やわらかな肌触りが心地いい。

ボタンを留めるスタンダードな着こなしに加えて、カシュクール風のアレンジも可能です。気温や場所、合わせる服に応じて自在に雰囲気を変えて楽しむ事ができます。

細めの糸で織り上げた素材なので薄くて軽やか。暑い夏でも直射日光を防いで涼しく着こなせそうですね。

続きはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


情報
ponkoroをフォローする
ファッションノート いろいろ
タイトルとURLをコピーしました