『ディタ・フォン・ティース』の大人かわいいスタイルを盗みたい♡

情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク



この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼『ディタ・フォン・ティースのファッション』

ファッションは1940年代風のファッションスタイルをこだわり
としていて、なかでも靴とバックには強いこだわりが。靴の
90パーセントはクリスチャン・ルブタン、中にはマリーアントワ
ネットにインスパイアされた限定シューズも持っているとのこと。

どんなときも赤い口紅は欠かせないという彼女だが、メイク時には
「照明が重要」だと語っている。「メイクするときは、いい化粧台を
使い、光がよく当たる場所を選ぶことが大事。一番良いのは自然光。
時間に余裕をもつことも大切。」とのこと。

出典https://www.noadance.jp/burlesque/knowledge/36421.php

▼『自身の美を、自らプロデュースする人』

「私と同じようにスタイリストを雇わないセレブはダイアン・
クルーガー。だからとても尊敬しているわ。私たちは、取り巻きに
頼らずに自分でスタイリングをするの」

ディタは5歳からバレエを習い、元々はバレリーナ
志望であったので、動きがとてもエレガントです。

実は地毛はブロンドですが、金髪を黒髪(ブルネット)に染める
ことで、真っ白な肌との対比を作り上げ、腰は、長年締め上げた
コルセットで、なんと43センチ! ヌード時56センチ。メイクも
すべて、自分で行う。

▼『ベージュ』

お花のモチーフが、あまーい感じで咲いてます。
よく見ると、バッグもお揃いですね。ベージュ
なので、大人の女性にも素敵にマッチ。

有名なドレス。実は、マーメイド・ラインの先は
赤く染まっています。レッド・カーペットに立つ
と、何とも幻想的な雰囲気を醸し出します。

こちらもドレスの裾が、グラデーションに染まって
います。こちらは流れるようなドレープが、より
ディタを女神に見せています。

▼『ブラック・ドレス』

ディタが、下着のデザインもしています。なので
ブラの見せ方もお手のもの。以下、こんな見せ方
もあったんだと気付かされた、素敵な着こなし。

レザーですが。ネックラインが両肩が出そうなほど
大きく開いたデザインで、とってもスタイリッシュ
。バッグのチョイスも大人です。

バルーン・スカート。素材はベルベットです。
重厚感も深みもありますね。そして上品です。
なのでアクセも、イアリングだけでも十分。

続きはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


情報
ponkoroをフォローする
ファッションノート いろいろ
タイトルとURLをコピーしました