ファッションノート いろいろ

ファッションを中心に、いろんな情報をまとめていきます

茶靴をさりげなくおしゃれに履きこなしたい!ビジネスから休日まで失敗しない茶色靴コーデ


スニーカーをのぞいてメンズの靴というとだいたい黒、白、茶色とだいたい色味は限られています。

しかしこのなかで茶靴だけが女子に不人気…

全ての女子に人気がないという訳ではないんですが

主に黒いスーツに茶色靴を合わせると”チャラく見える”というのが主な理由のようです

黒に茶色は合わない」「センスが悪い」「チャラい感じがする」など、手厳しいです。軽い印象を与えてしまうんでしょうね。
遊んでそうだと。合コン三昧っぽいと。

フランチェスコベニーニョ] FRANCESCO BENIGNO LOAFER G2026 CB18

しかし革靴の中でも茶靴が一番単品としてキレイにおしゃれに見えるもの事実…ついつい手に取っちゃいますよね

もちろん肯定派もいるのですが

外国の人のようにキマっていればよい」「明るすぎる茶色でなければいい」とのご意見。似合っていればOK、という条件付きのYESのようですね。
つまり「お手並み拝見」ということです。実力を測られていますよ。隙を見せた瞬間に「グシャッ」です。

茶靴だけなぜか酷い言われよう

ひょっとしたら日本人には茶靴は向かないのかも?

ヨーロッパの方は髪の毛が金髪や茶系で、瞳孔もブラウンなので似合うのです。
そう、人種的な違いによって、似合うか似合わないかが分かれてしまうんですね。日本人には向いていないのです。

…と茶靴はなかなかコーデが難しいのですが、もちろん攻略方法はあります!

実は茶靴はちゃんとコーデに合わせれば一番おしゃれに見える靴です。また品質が一番現れやすい靴とも言えます。

黒革靴だと1万円でも20万円でも差をはっきり感じる事はあまりないですが
茶色は一番革の品質が現れやすいのです

飴色のような、とよく言われますが、いい物は本当に美しい

茶色は黒に比べて”明度”が高い色です。合わせる服も明度を合わせればチャラくも見えないし、おしゃれに見えます!

ファッションでは”統一感のあるコーデ”がよく褒め言葉としてあげられますが、”明度による統一感”を意識すれば茶靴だってコーデに迷いません

茶靴×グレー

ビジネスシーンでは濃いブラウンのほうがよいです

真っ黒ずくめより重々しくないし、柔らかい印象です

茶靴×ネイビー

は日本人の肌がキレイに見えます

ヨーロッパ人が絶賛する、アジア人のもつ、神秘的なオーラは、黒でもない、青でもない、独特の複雑な紺の服をまとうことにより、いっそう深まるのです。

特にスーツという上下同じ色のアイテムを組み合わせる場合は明るい色のスーツには明るい茶靴…と行った風に”明度”を合わせましょう

日本では一般的ではないですが、ファッションの国イタリアでは、「マローネ・エ・アズーロ」と言われるオシャレな組み合わせとして、一般的に使われています。実際にご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、ネイビーという色に最も良く合う色が茶色と言えそうです

バーガンディ×ネイビー

アメリカのビジネスシーンではよく見受けられますね

ネイビースーツ×バーガンディ靴という組み合わせは、とても安定感があります。この色の組み合わせは、靴以外のアイテムでも行うことが簡単にできますのでいろいろと試してみることをおすすめ。

-情報

×