美容や体にいい事尽くめでダイエットまで!?プチ断食の効果が凄い

情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク



プチ断食って辛いイメージだけど…

大好きなご飯を抜くなんて考えられないし、空腹を我慢できるか自信がない…なんて人も多い

断食と言うんだからご飯我慢することじゃないの?って考える人も多いかもしれませんが、プチなのでそこまでする必要はありません

プチ断食というのは、少しだけの断食と言う意味

長期の断食は専門家の下でおこなう必要がありますが、プチ断食位ならばその必要がなく手軽な健康方法です。

”プチ断食”その効果は?

どんな効果があるんでしょうか

体の内側から綺麗になって肌荒れが改善”美容効果”

出典locari.jp

デトックス(毒素排出)を促し、体内をきれいにします

体内をきれいにすると体内の臓器が活発に働く⇒新陳代謝が活性化⇒細胞の修復も活発⇒美肌

内臓の健康が体の表面の美容につながります。

白血球の働きが活発になって、血液中の老廃物を取り除き肌が綺麗になる

デトックス効果が高いので、プチ断食中もしくは終了後にお肌の違いが実感できます。

内臓を休ませて代謝がアップ!ダイエット効果

出典mery.jp

断食している間も腸はしっかり働き、今まで排出しきれなかった老廃物を排出します

断食により、当然摂取カロリーが減り体重が落ちます

断食中は激しい運動は避け、読書などをしながら過ごしましょう。

胃腸、肝臓、腎臓などを休ませて、その機能を回復をさせることにより代謝がアップする

内蔵が元気になると、病気などになりにくくなります。

女性に嬉しい!便秘などの悩みをスッキリ解消

腸の消化・吸収の作用が抑えられ、排泄作用が活発になり排泄がスムーズになります

断食を行うことで消化吸収が抑えられるので便を排出できるのです

腸がきれいになると、吹き出物やニキビが出来にくくなり美容効果も期待できます。

プチ断食は定期的に行うと慢性的な便秘でも解消することが可能

月に2~3回づつプチ断食を行い、体内をリセットしていきましょう。

☆1番実感できるのがこの”健康効果”

断食は栄養不足で不健康に思われがちですが、健康面にこそ一番の効果が見られます

内臓回復

断食することにより、食べ物の消化吸収を担う臓器を休ませて回復させることができます。

そして、各臓器の病気のリスク(大腸がん・痔・肝炎・肝硬変など)のリスクの低減、さらに、各臓器の機能が活性化されます。

コレステロール値の正常化で冷え性・肩こり・ドロドロ血液の軽減

肝臓はコレステロール値を調整する働きがあるので、肝臓の機能が活性化されると、コレステロール値が正常化されます。

また、食事の偏りによって血中コレステロールの濃度が高くなるので、こういった面でも、断食はコレステロールの正常化の効果がります。

ちなみに高コレステロールは、血液がドロドロの状態、つまり血流が悪くなり、冷え性や肩こり。
ひどくなると“動脈硬化”、“心筋梗塞”、“脳梗塞”などのリスクが高まります。

勉強や仕事の能率が上がる

脳の栄養として、食事から摂取するブドウ糖が絶たれると、
脂肪が分解されて生産される“ケトン体”という物質がエネルギー源となります。

このケトン体が消費されるとアルファ波が増加して、精神が安定化されます。

アルファ波が出ている状態はリラックス状態と言われることが多いですが、
アルファ波が出ているときは集中力がアップしているので、
五感が研ぎ澄まされ、勉強や仕事の能率が上がるとも言われています。

やりたいけど、どうやってプチ断食すればいいの?

自分に合った方法で試してみるのがベスト

週末1日プチ断食

「週末の1日(土曜日)を断食に用いる」方法です。

前日の金曜日を準備のための“予備断食”
後日の日曜日を調整のための“復食”

として用いるため、実質3日間の断食とみなすこともできます。

食べ過ぎた次の日などにオススメ18時間プチ断食

食べたものや量にもよりますが、私たちの体が食事をしてから排泄するまでに、およそ18時間程度かかると言われています。
ということで、次の食事まで18時間以上あけることで内臓がお休みできる時間を作ってあげるというのが目的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


情報
ponkoroをフォローする
ファッションノート いろいろ
タイトルとURLをコピーしました