ファッションノート いろいろ

ファッションを中心に、いろんな情報をまとめていきます

加賀美早紀が子宮頚がん告白。進行が早かったとしても降板したくなかった。


■加賀美早紀子宮頸がんに

女優でモデルの加賀美早紀(32)が15日、自身のブログを更新。子宮頚がんを発症していることを明かした。

お騒がせしております

Yahoo!ニュースさんやらなんやら
ニュースになってしまいましたが、今は元気ですので、
ご心配なさらず。。。

取り急ぎ
ツイートを。

今朝も報道されておりますが、

心配しないでね。

大丈夫。

痛みや不安なんてものは
観に来てくれた方の笑顔で
どっかいっちゃうものなのです。
だから
逆にありがとうと。 twitter.com/kurumadegogo/s…

心配させてしまったね。

言わなければ良かったかな

加賀美早紀(香乃さき)が公表した子宮頚がん(ステージ3)の生存率は?治るの? | Trend Jack

生きますよー。 trendjack.net/4312.html

■まさかのまさにこのまとめにまでご病気なのにコメントありがとうございます(涙)

加賀美早紀が子宮頚がん告白。進行が早かったとしても降板したくなかった。 - NAVER まとめ

すいません。ごめんね。 matome.naver.jp/m/odai/2148958…

感激と言いますか…
まとめ職人冥利に尽きるご本人さまからののツィート
まとめ1年で800個作りましたが、特別なまとめになりました(涙)
女優魂に感動しました。
絶対よくなってください!

■舞台千秋楽後の公表

香乃さき名義で出演した舞台「Battle Butler」(中島大地脚本・演出)が12日に千秋楽を迎えたため、公表したという。

●ステージ3の診断

体が第一だけど
それよりもやりたかった
芝居をすること
だから
仮に進行が早かったとしても
降板したくなかった

舞台は殺陣もある激しいもので、「疲れやすくて 貧血も起こすし 鼻血出すし 稽古しても体の悲鳴は聞こえてきて 殺陣があると聞いていたから体力つけてきてたけど 気休めにしかならず 気持ちに反して伴わず 本番に向けてセーブしてやってしまうひ弱さにまあ何度か泣いたよね」と、限界を迎えた中での本番だったと告白した。

■加賀美早紀とは

加賀美は16歳だった2001年に故・飯島愛さんの自伝『プラトニック・セックス』の映画化主演女優オーディションで約1万2千人の中から勝ち抜いて女優デビューし、同年度の日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

●プラトニック・セックスとは?

『プラトニック・セックス』は、飯島愛による自伝

2000年、半自伝的な小説『プラトニック・セックス』でリンチ被害、AV出演や性病感染、中絶手術、整形手術していたこと等をカミングアウトしベストセラーに。映画化やテレビドラマ化もされ、以来作家活動も行っていた。

-情報

×